職種のアイデア

ハーバリウム作家としての起業に必要な資格と収益化方法

ハーバリウム作家

ハーバリウムとは、ガラスの瓶などにお花をオイルと一緒に閉じ込めたインテリアアイテムのこと。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを始めとして、ドライフルーツや貝殻などなんでも入れることができるので、アイデア次第でデザインは無限大。

ワークショップやハンドメイド品販売でも大注目のアイテムです。

こんな方におすすめ

  • ハンドメイドが好き
  • お花が好き
  • 自分のアイデアを形にしてみたい
  • インテリアが好き
  • ワークショップを開きたい
必要な資格 不要(任意)
難易度 (ふつう)
収益化 販売
ワークショップ・教室開講
収入の目安 数千~数万円/月
※1,000円前後~3,000円程度/1作品
必要な材料 ガラス瓶
ドライフラワー、貝殻等の中に入れるもの
専用オイル
ピンセット
完成目安時間 一時間程度

ハーバリウムとは

もともとは、研究のためにお花を長期保存する目的で作られていた「植物標本」。
現在では、可愛らしくデザインされたハーバリウムが増え、インテリアとしても大人気です。
お手入れ不要で、いつまでもお花の美しさを楽しむことができるのも人気のポイント。種類の違うハーバリウムの並べ替えだけでも、表情の違うインテリアを楽しめます。

ハーバリウムでは、瓶の中に、保存用のオイルと一緒にお花を入れてデザインします。
中に入れるのは、ドライフラワーなどの「水分のないもの」であればOK。
ドライフルーツや、貝殻、ビー玉などを入れたハーバリウムも人気です。

最近では、単純なガラス瓶ではなく、電球型のボトルやボールペンの中にハーバリウムを作る方もいます。

アイデア次第で、容器も内容もオリジナルデザインが作れますし、もともとがきれいなお花なので、ある程度は素人が作っても素敵に見えることから、ワークショップでも人気があります。

ハーバリウムの販売&教えるために必要な資格

ハンドメイド作品ですので、特に資格はなくても販売したりお教室を開いたりすることはできます
お教室を開くにあたって取得しなければならない認可もありません。

資格などはなくても、作品のクオリティが高ければ販売することも可能ですし、きちんと生徒さんに教えることができる知識があれば、ワークショップを開くのも問題ありません。

ただ、お教室を開いたり、ネットショップで販売したりするときに資格を提示できれば信頼が得られやすいことと、資格を取得する講座の中には生徒さんへの教え方なども含めて習えるところもあるので、一度きちんと習っておくと安心です。

ハーバリウムの資格取得におすすめの講座

ハーバリウムに関する資格は民間資格なので、どの資格であっても優劣はありません。

なかでも一番メジャーなものが「JHA認定講師」で、運営母体も大きく全国にスクールも持っていますが、スクールに直接通わないと資格が取れません。
通信講座での資格取得を考えるのであれば、こちらも大きな運営母体があるPBアカデミーの「ハーバリウム認定講師」が、資格取得後はすぐに自由に活動ができておすすめです。

その他にも無数にハーバリウム関係の資格はありますが、あまりにも小規模すぎると資格取得後のフォローなどに不安があります(突然認定団体が消滅しているようなこともあります)ので、基本的には上記のどちらかを選択することをおすすめします。

ハーバリウム認定講師資格取得講座(PBアカデミー)

ハーバリウム作家

ハーバリウム認定講師(PBアカデミー)

ハーバリウムデザインに必要なものがすべてキットで届くので、完全な初心者でもすぐに始められます

テキストに沿って勉強していけば、ハーバリウムの基本技法からはじまり、一輪挿し技法、枝付きアレンジ技法、花材の交互配置空間技法、ドライフルーツアレンジ技法……と、様々な技法を習得することができるので、オリジナルデザインのハーバリウムが幅広く作れるようになります。

プロ視点でのコツやポイントなども詳しく学べるので、自信をもって自作ハーバリウムの販売やお教室を開くことができます

通信教育で一番問題になる「わからないことがあった時」にも、24時間メールで何度でも問い合わせOK。丁寧に解答してもらえるので、つまづくことなく資格取得まで続けられます。

資格試験の不合格時には全額返金もあるので、「お金を払ったのに不合格で資格が取れなかった」という心配もありません。
自分のペースでゆっくり楽しみながら、確実に資格を取得できるのがこの講座の一番のメリット。

資格名 ハーバリウム認定講師
認定団体 PBアカデミー
受講料 69,000円(税抜・送料別)
3,300円x24回払
受講期間 4ヶ月
特徴 通信講座
質問は無制限で可能
ディプロマあり
資格取得後は自宅スクール開講可能

資料請求は無料なので、まずは資料を取り寄せて内容を詳しくチェックしてみてください。

\資格をとって自信をつけよう/

無料で資料請求する

※不合格時返金制度あり。資料請求で10%offの早割あり。

JHA認定講師育成レッスン(日本ハーバリウム協会)

JHA認定講師

JHA認定講師(日本ハーバリウム協会)

日本ハーバリウム協会のハーバリウム認定講師資格取得講座。
近くにスクールがある場合は、直接習えます。

ただし、認定講師になると一年間、ハーバリウム作家としての活動はJHA認定校としての活動以外、有償無償問わず禁止されます。
またその後もずっと、受講した人は以下のすべてが禁止されますので、自由に活動したい場合は要注意です。

  • 商品名に「Herbaland」以外を使用する
  • JHAのハーバリウム液以外の液を使用して商品を作成する
  • JHAを名乗らずに個人で講座を開講する
資格名 JHA認定講師
認定団体 日本ハーバリウム協会
受講料 レッスン料 15,000円(税抜)
ディプロマ発行手数料 6,000円(税抜)
年会費 1,000円(税抜)
受講期間 3~4時間(1日)
特徴 資格取得後の活動に制限あり。
活動のフォローあり。

詳しくはコチラ

ハーバリウム作家の収益化

自宅に飾るのも楽しいハーバリウムですが、自宅開業、起業をしようと思うと、どうしても必要になってくるのが収益化。

どのような手段で収益化すればいいのかを考えていきます。

どれくらい稼げるの?

ハンドメイド通販サイトでは、およそ1,000円前後~3,000円程度の値段をつけている人がほとんどです。
アクセサリーにしたものなどは、4,000円前後でもあるので、このあたりはアイデア次第になってきます。

ワークショップも人気があり、3,500円前後で開催されています。

使用する花材によって原価が変わってきますし、どれくらいのペースで作成するかにもよりますが、月数万円~数十万円という方が多いようです。

収益化その1「販売」

セレクトショップや、ハンドメイド雑貨、インテリア用品を扱う店舗が近所にあれば、委託販売してもらうことができます。
お花屋さんとつながって、材料を卸してもらいつつ販売をお願いするというのもアリです。

また、ネット上のハンドメイド販売サイトで委託販売したり、ネットショップを自分で開設することもできます。

詳しい販売方法やネット販売で抑えておきたいポイントなどは、以下のページも参考にしてください。

手作り品 ハンドメイド作品の 販売方法
手作り品の販売サイト&アプリの特徴と儲かる販売方法

ハンドメイド作品を販売するのに覚えておきたい「販売ルート」「ネットショップ」「アプリ」「注意事項」などを詳しくまとめています。

続きを見る

収益化その2「ワークショップ開催」

自宅サロンや、小さなレンタルスペースを借りて、お教室を開くこともできます。

材料さえ揃えることができれば、ハーバリウムの作成自体は簡単なので、「自分で作ってみたいけど、難しい」というお客様に向けて、わかりやすく作り方をサポートしてあげましょう。

「季節ごと」「記念日ごと」など、アイデア次第で様々なアイテムを用意すれば、リピーターも作れます。

まとめ:ハーバリウム作家

  • ハーバリウムで開業するのに資格はいりません
  • 月収は数万円~数十万円前後の方が多め
  • 収益化は、作ったハーバリウムの販売とワークショップの開催で
  • 完全な初心者からでも、道具や材料が揃った通信講座があるので比較的参入は楽です
  • この記事を書いた人
ゆり

ゆり

起業3年目のフリーランスママ。 M-coto株式会社でママ講師さんたちの活躍をサポート中。 ママかつ認定講師養成講座講師。 小学生から幼稚園までの3児の母で、元薬剤師でありながら、WEBマーケター、ライター、セミナー講師などとして、子供との時間を第一にしながら働いています。

-職種のアイデア

© 2020 女性起業なび