職種のアイデア

レジンアクセサリー作家(UV/LED)としての起業に必要な資格と収益化方法

レジン=樹脂をUVライトやLEDライトで固めたアクセサリーを「レジンアクセサリー」と言います。

ビーズやドライフラワーなど様々なものを閉じ込める事ができるので、あなたのセンス次第でデザインは無限大。
ワークショップやハンドメイド販売でも人気のアイテムです。

こんな方におすすめ

  • ハンドメイドが好き
  • 自分のアイデアを形にしてみたい
  • キラキラしたアクセサリーが好き
  • オリジナルアクセサリーを販売してみたい
  • アクセサリー作りのワークショップを開きたい
必要な資格 不要(任意)
難易度 (かんたん)
収益化 販売
ワークショップ・教室開講
収入の目安 数千~数万円/月
※500円前後~3,000円程度/1作品
必要な材料 ライト
レジン液
ピンセット
モールド
封入物(ビーズ、ドライフラワーなど)
完成目安時間 数時間程度
(硬化時間:約60秒/LEDレジン、約5分/UVレジン)

レジンアクセサリーとは

樹脂を固めたアクセサリーです。
最近では100円ショップでも材料が販売されていることから、すっかりメジャーなアイテムになりました。

キラキラとした透き通る姿は、女子なら誰でも心惹かれるはず。

イヤリングやピアスはもちろん、ヘアアクセサリーやスマホケースまで様々に応用ができます。

UVレジンとLEDレジンの違い

簡単にいうと、レジンを硬化させるライトの違いです。

  • UVライトを使うものがUVレジン
  • LEDライトを使うものがLEDレジン

少し前までは、レジンといえばUVレジンでしたが、最近はLEDレジンのほうが仕上がりの綺麗さや、硬化時間の短さなどでメジャーになってきています。

コストの面ではUVレジンのほうがお手頃ですので、UVレジンかLEDレジンかは作りたいものや、各個人の環境で選びましょう。

迷ってしまった場合は、ゼロから始めるならLEDレジンのほうがおすすめです。

レジンアクセサリーの販売&教えるために必要な資格

通常のハンドメイドアクセサリーですので、特に資格はなくても販売したりお教室を開いたりすることはできます
お教室が取得しなければならない認可もありません。

資格などはなくても、作品のクオリティが高ければ販売することも可能ですし、きちんと生徒さんに教えることができる知識があれば、ワークショップを開くのも問題ありません。

ただ、お教室を開いたり、ネットショップで販売したりするときに「レジンデザイナー」や「LEDレジンアクセサリー認定講師」などの資格を提示できれば信頼が得られやすいことと、資格を取得する講座の中には生徒さんへの教え方なども含めて習えるところもあるので、一度きちんと習っておくと安心です。

レジンアクセサリーの資格取得におすすめの講座

レジンアクセサリーに関する資格は民間資格なので、どの資格であっても優劣はありません。
自分が取得しやすいもの、受講しやすいものを選びましょう。

LEDレジンアクセサリー認定講師資格取得講座(PBアカデミー)

必要な材料や道具がすべて揃っているので、まったくの未経験からでも、教材が届いたらすぐに安心してはじめられます。
質問も回数無制限でメールは24時間受付なので、わからないことが出てきてもすぐに解決できます。

テキストにはレジンとはなにか?という基本から、プロのテクニックまでしっかり解説されているので、受講を終了して認定講師資格をとれば、すぐに自宅開業も可能

実際にネックレス、イヤリング、リングなどのアクセサリーを作りながら技術を身に着け、完成したアクセサリーの写真とレポートを送ることで資格が取得できます。
本格的なディプロマがもらえるうえ、わかりやすく教えるノウハウも身につくので、自信をもってお教室を運営したり販売をしたい方には特におすすめ。

万が一講座を受講しても資格に合格できなかった場合には、返金制度もあるので安心です。

資格名 LEDレジンアクセサリー認定講師
認定団体 PBアカデミー
受講料 59,000円(税抜・送料別)
2,859円x24回払
受講期間 4ヶ月
特徴 通信講座
質問は無制限で可能
ディプロマあり
資格取得後は自宅スクール開講可能

資料請求は無料なので、まずは資料を取り寄せて内容を詳しくチェックしてみてください。

\まずは無料で資料請求/

公式サイトで詳しく見る

※不合格時返金制度あり。資料請求で10%offの早割あり。

レジンクラフトデザイン認定講師資格取得講座

UVライトを使ったレジンクラフトの通信講座。
すべての道具が揃っているので、まったくの未経験でも教材が届けばすぐに始められます。

「LEDレジンアクセサリー」講座との違いは、こちらはミール皿や台座パーツを使ってデザインしていくものがメイン。「LEDレジンアクセサリー」を習得したあと、さらに技法を知るためのステップアップとしてもおすすめの講座です。

初心者でも扱いやすいキットになっているので、テキストに沿って受講していくだけで、「デザインシート」「シリコンモールド」「マニュキュア」「シール」などの技法を自然に習得できて、デザインやアイデア力も養われます。

資格取得後は作品販売はもちろん、本格的なディプロマがもらえますので、自信をもってお教室を開くことができます。

万が一講座を受講しても資格に合格できなかった場合には、返金制度もあるので安心です。

資格名 レジンクラフトデザイン認定講師
認定団体 PBアカデミー
受講料 59,000円(税抜・送料別)
2,859円x24回払
受講期間 4ヶ月
特徴 通信講座
質問は無制限で可能
ディプロマあり
資格取得後は自宅スクール開講可能

資料請求は無料なので、まずは資料を取り寄せて内容を詳しくチェックしてみてください。

\まずは無料で資料請求/

公式サイトで詳しく見る

※不合格時返金制度あり。資料請求で10%offの早割あり。

レジンアート(基本コース/プラチナコース)

レジンアート(SARAスクール)

レジンアート(SARAスクール)

「レジンアートデザイナー」と「UVレジンレジンデザイナー」の資格を取得するための通信講座です。
プラチナコースを受講すれば、講座内の添削課題をクリア&卒業課題を提出すると試験が免除されるため楽に資格が取得できます。

資格名 レジンアートデザイナー(JDP)
UVレジンデザイナー(JIA)
通信講座 SARAアカデミー
受講料 79,800円/プラチナコース(資格保証)
59,800円/基本コース(試験対策)
受講期間 6ヶ月
特徴 通信講座
質問は無制限で可能

自宅で開業を目指すのなら、資格が取得できるプラチナコースがおすすめ。

詳しくはこちら

直接受験できるレジンアクセサリーの資格

すでに技術も自信もあるという場合は、直接受験して資格をとるのもアリです。

レジンアートデザイナー認定試験

受験資格:特になし
受験料:10,000円(税込)
受験方法:在宅受験

UVレジンデザイナー試験

受験資格:特になし
受験料:10,000円(税込)
受験方法:在宅受験

レジンアクセサリー作家の収益化

自分で使うのも楽しいのがレジンアクセサリーですが、自宅開業、起業をしようと思うとどうしても必要になってくるのが収益化。

どのような手段で収益化すればよいのかを考えていきます。

どれくらい稼げるの?

イヤリングやピアス、ヘアアクセサリーなどは、ハンドメイド通販サイトでは、およそ500円前後~2,000円くらいの価格帯で販売されています。

ワークショップの価格設定は自由ですが、およそ3,000円前後がメジャーな価格設定です。

レジンアクセサリーは使用するパーツでかなり原価が変わってきますし、どれくらいのペースで制作するかにもよりますが、月数万円~10万円前後という方が多いようです。

収益化その1「販売」

セレクトショップや、ハンドメイド雑貨を扱う店舗が近所にあれば、委託販売してもらうことができます。

また、ネット上のハンドメイド販売サイトで委託販売したり、ネットショップを開設するのもおすすめです。

手作り品 ハンドメイド作品の 販売方法
手作り品の販売サイト&アプリの特徴と儲かる販売方法

ハンドメイド作品を販売するのに覚えておきたい「販売ルート」「ネットショップ」「アプリ」「注意事項」などを詳しくまとめています。

続きを見る

収益化その2「ワークショップ開催」

自宅サロンや、小さなレンタルスペースを借りて、お教室を開くこともできます。

「自分で作ってみたいけど、難しい」というお客様に向けて、わかりやすく作り方をサポートしてあげましょう。
様々なアイテムを用意すれば、リピーターも作れます。

まとめ:レジンアクセサリー作家

  • レジンアクセサリーで開業するのに資格はいりません
  • 月収は数万円~10万円前後の方が多め
  • 収益化は、作ったアクセサリーの販売とワークショップの開催で
  • 完全な初心者からでも、道具や材料が揃った通信講座があるので比較的参入は楽です

 

  • この記事を書いた人
ゆり

ゆり

起業3年目のフリーランスママ。 M-coto株式会社でママ講師さんたちの活躍をサポート中。 ママかつ認定講師養成講座講師。 小学生から幼稚園までの3児の母で、元薬剤師でありながら、WEBマーケター、ライター、セミナー講師などとして、子供との時間を第一にしながら働いています。

-職種のアイデア

© 2020 女性起業なび